~アメブロの記事の書き方~

ライフスタイルコーチ│八木の過去の話

コーチング

どうも、こんにちは

ライフスタイルコーチを運営している八木です。

 

このサイトは人生の質を上げる(ライフアップ)ことやアメブロで集客に役立つことをメインに他にもサロン運営、1人起業において大事なことなどを書いています。

 

かつての私はいわゆるどうしようもない人でした。

高校でいじめられ、将来に対する不安で病気になりそのまま2年間ずっと苦しんで人生詰んだ。。。。とずっと思っていました。

 

今は、元気ですが、それまでに思い出したくない過去を持つのも事実です。

そんな私が今はいろんな人に感謝されてしかもお金ももらえているわけですから、人生って不思議でしょうがないなとしか思えません。

 

ただ、そうなるためにめちゃめちゃ努力はしましたけどね(笑)

実績も人脈もお金もなかったのでひたすら時間をかけて作るしか私にはありませんでした。

まあ、それも今になってはいい思い出になっています。

 

今は複数のサイト運営、集客のコンサル、ライフスタイルコーチで主に生計を立てています。

ありがたいことに様々な方に受講もされてとてもうれしい気持ちでいっぱいです。

 

 

また、LINE公式アカウントでは、

人には言えない相談を聴いてほしいという方やちょっとtoshikiさんの意見が聞きたいという方などの相談に乗っています。よかったら登録してみてください。たまに限定コンテンツである動画も配信しています。

また、コーチングを受けたいという方もこちらで応募受け付けています。

友だち追加

 

ここから先は、少し過去の私の話をしようと思います。

少し読むのに時間がかかると思うので、肩の力を抜いて読んでもらえると嬉しいです。

それではさっそく行きましょう。

高3のセンター試験の次の日僕は家出をした

 

高3のセンター試験の次の日、僕は家出をしました。

 

原因はいじめと将来に対する不安からでした。

この話をするには少しばかり、時間を遡らないといけません。

 

それは、高校に入った当初でした。

中学の僕は、勉強もそこそこでき、部活もバスケ部でレギュラーではありませんでしたが、仲間もいてそれなりに楽しかったのを今でも覚えています。

 

しかし、高校は地元よりちょっと距離のある自称進学校に行っていたため、当時の僕のクラスの周りには地元の友達はいませんでした。昔から自分は仲良かった友達とずっとつるんでいたため、初めて誰もいない環境におかれて、僕はなじめず、いわゆる独りぼっち。

 

かっこよく言えば、一匹オオカミでした。

 

あ~~中学の友達と同じ地元の高校に行っておけばよかった。。。。

と今でも思っています。

 

 

高校一年の時はずっとお昼ご飯は1人で食べていました。

ちょっと寂しかったけど、性格がちょっと変わっているのもあって別にあまり気にはしませんでした。

 

ここから僕の地獄の高校生活が始まります。

 

高校1年のころはとても仲のいい友達言える人は別段いなく、ただグループになったときちょっと話すくらい。。。そんな関係の友達といってもいいのかわからないような薄い関係しか僕にはいませんでした。

 

けれども、ここで僕は初めて、人生のモテキという時期が来たのも事実です。

誰ともつるまずにいたせいか、女性にクールな人だと思われて、モテ始めました。

 

 

当時は、あまり異性に対して好きという気持ちがなかった(男性が好きではありません(笑))ので、それよりも心から話せる友達が欲しかったという気持ちが本音でした。

 

そこから月日が流れていき、僕は高校2年生になりました。

 

僕の高校は2年生から文系と理系に分かれて、大学受験は推薦という文字は一言も出ない、試験1発勝負の学校だったので、そこから大学入試に向けて少しずつですが、受験勉強もしていました。

 

僕は理系に行きました。当然ですが男子の方が多く、そこで初めてですが、何でも話せる友人が1人できました。その友人は勉強のライバルでもあり、自分の悩みを打ち明けていた唯一の友達でもありました。

 

そして、また月日が経ち、僕のファンクラブが存在していることを知りました。そして、その少し前から僕はどんどん女性に対して嫌悪感を覚えていき、最終的にはどうやったら自分のこの嫌悪感をなくせるのだろうか、、、という悩みばかり。。。

 

すべての女性が全員がこんな人ばかりとは思っていませんでしたが、当時は僕のことを妄想や理想ばかりでどんどんエスカレートしていった女子に対して、「女はみんなこんなものなのか。。。。」とばかり思っていました。

 

また、僕の家には借金がありました。その借金の愚痴を中三のころから母親にずっと聞かされていたので、僕は絶対にお金のかからない国公立に行かなければ。。。という焦りもあったでしょう。

 

学校で大きな声で噂ばかりする女子が

 

✔どうして、学校で勉強しないのに高いお金を払ってまで塾に行ってるんだろうか。

✔どうして、人のうわさはするのに自分の話はしないのだろうか。

✔勉強しないくせに、他人のことはいっちょ前に大声で話せるのだろうか。

✔なんで、頑張ってもいないのに東京の私立に行きたいの言うのだろうか。

 

など。当時の僕は、迷惑ばかりかけている女子に対して、嫉妬がどんどん膨れ上がりました。

 

 

 

そして、僕は一度あること思いつきました。

「嫌われれば、僕のことは誰も話さないし、ほっとくだろう」

と、、、

 

しかし、これがすべての原因でもあり、病気になるのを加速させた根本でもありました。

結果、火に油を注ぐようなもので、僕はいじめを受けました。

 

✔噂話は一層ひどくなり。

✔勝手に写真を撮ってはSNSにアップ

✔住所と電話番号もばれる

✔模擬試験のテストをカンニングしたデマを流される

✔しまいには他校にもやばい奴と認定。

✔電車の中でも知らない人に悪口を言われる

などなど話すときりがありません。

 

 

ここで、僕も対抗しました。でもこれが悪かったですね。今思えば、不登校になってでも勉強をしておけばよかったと思っています。

 

 

結果、僕の居場所はなくなりました。

まあ、自分が悪かったのもありますけどね(笑)

 

女子が地獄に落ちれば、それでいい。

控えめに言ってこう思っていました。

 

そのために僕は計画を実行するためにも結構な嘘をつきました。

その分の報いを受けたのもあるでしょう。

 

 

高2の秋ごろ、目指していた国立大学の判定もこのままいけばなんとか受かるだろうちうところでしたが、成績はどんどん落ちていき、結果、センター試験が僕の時代の同級生の結果が過去1悪く、全部自分のせいにされて、それに耐えきれず、家出をしました。

 

最悪、僕が自殺をすれば、女子から賠償金もとれて、僕的にはBAD ENDではないなと思っていましたが、結局学校の先生に迷惑かかるな~と思い、自殺もできませんでした。

 

そのまま、警察に補導され、そのまま病院送り、そのときはもう幻聴も聞こえていて、あまり覚えていないのですが、そこで統合失調症と診断されました。

統合失調症と闘いながら、なんとか二浪で大学に進学できる

 

そこから統合失調症という当時の僕にとっては訳の分からない病気と闘うことになりました。

統合失調症を軽く説明すると、僕の場合だと幻聴が特徴的な病気です。

 

 

僕は幻聴を最初は幽霊の声が聞こえているんだなと思っていました。

当然、医者に話すも、理解はされず、親も今聞くと、何を言っているんだと思っていたみたいです。

 

幻聴はずっと聞こえていました。

実際ひどいときは横に怒鳴られているくらいの大きさで聞こえていました。

それがほんとにつらくて、何も対処ができず、ずっと気晴らしに音楽を聴いていたので頭の片隅にずっと記憶として残っています。

 

 

他にも幻聴以外にも症状はあり、

✔そわそわ感があり、動いていないと気が済まず、円を描くように歩き回っていたり、

✔不眠で体力が0になると一気に7時間くらい眠れたのですが、0にならない限り、寝れず3日に一度くらいに寝るという生活

✔薬の症状による体重の増加

✔ときどき体が固まり動かなくなる

✔受験時は、文字が読めない

✔書けないところから始まり、

✔集中力は最初は30秒も椅子に座っていられない状態。

 

そんな状態でした。

 

そんな状態になったけれど今立ち直れた理由の1番は、

中学校の友達による助けでしょう。

 

中学のころはそれなりに友達がいました。

 

そんな友達に

「ごはん食べに行こうぜ」

「遊びに行こ」

 

と、こんなの当たり前じゃんと思うかもしれませんが、当時の僕にとってはこれが

 

「あーーー信用してもいい人はいるんだ」と

気づかされ

「迷惑はかけられないな」

と思い、病気を治そうと決意に至ったのです。

 

結局は1年半ほどはずっと幻聴は聞こえていましたが、そこから徐々に聞こえなくなりました。

そして、今はこのように自分でビジネスをしたりできています。

大切なのは、OOOOである。

 

大切なのは、

人と人とのつながりだと

私はこの苦い思い出から分かりました。

 

正直病気になって、こんな体験をしようとは言えませんが、

今思えば、病気になったのもこれもまた1つの人生の壁であり、縁だったのかなと思っています

 

もともとコーチングを学ぶ前は僕はどちらかというと病気もありネガティブなことしか考えていませんでした。ずっと人のせいにしてどうして自分だけが。。。。と思っていました。

 

しかし、結局はそれではだめで。考え方を少し変えただけで今では充実した生活を送っています。

僕は正直コーチングを教えているわけではありません。

 

よくあるあまり評判のよくないコーチングあるあるで言うと

✔ポジティブに生きよう

✔夢は諦めるな

✔仲間が大事だ

 

というような体力が無限にないとみたいなことを教えてはいません。

 

まあでも僕がコーチングを教えているわけではないんですけどね(笑)

ライフスタイルコーチとは・・・

あくまで人生の質をより良くするための生き方の考え方・習慣を提供しています。

 

その中にコーチングという手段があるだけであくまで

あなたの悩みに寄り添って、親身に相談に乗っています。

最初から一気に変わることはできません。

 

ちょっとずつ変わっていきましょう。

 

臆病でいじめられ病気になった僕があなたを変えます。

 

 

また、LINE公式アカウントでは、

人には言えない相談を聴いてほしいという方やちょっとtoshikiさんの意見が聞きたいという方などの相談に乗っています。よかったら登録してみてください。たまに限定コンテンツである動画も配信しています。

友だち追加

 

twitterの場合は下記のアカウントにてDMください。

→ @shaaake6

 

初の試みですが教え子を募集し始めてみました。よかったら読んでみてください。

【教え子を募集します】
どうも、こんにちは 今回は、少しいつもと変わった記事になります。 僕自身も初の試みなのでちょっと興味がある人は見てもらえると嬉しいです。 この記事を見る前に僕の過去の記事を見てもらえると嬉しいです↓...

 

 

↓アメブロで集客したい人向けの参考にしてほしい記事↓

コーチング
スポンサーリンク



ライフスタイルコーチ│八木のBLOG
タイトルとURLをコピーしました