~アメブロの記事の書き方~

コーチングは相手から答えを引き出す能力が必要?│経営者なら必須スキル

コーチング

コーチングとは│他と比較して解説

コーチングと近い言葉に、「カウンセリング」、「ティーチング」、「コンサルティング」があります。この4つの言葉はすべてクライアントを導くための手法ですが、クライアントとの接し方、話し方などにそれぞれ違いがあります。

 相手から答えを引き出す:コーチング、カウンセリング


クライアント自身に答えを見つけてもらう手法がコーチングとカウンセリングです。
コーチングは質問によって、クライアント自身も気が付いていない答えを引き出していきます。コーチはクライアントに自発的に考えてもらうことを通して、目標達成や問題解決の力をつけることをサポートする役割となります。
コーチングは積極的にアドバイス(答えの提供)をせず、サポートすることを重要視するという点ではカウンセリングと似ていますが、カウンセリングは広く「相談」という意味で使われることが多い言葉です。また、能力開発を目的とするコーチングに対して、心理療法の一つとしてのカウンセリングは心身症の改善、回復が目的となります。一般的には、人を一歩前に押し出す・キャリアアップさせるのがコーチング、通常よりも不調な人を本来の状態に戻すのがカウンセリングととらえるとわかりやすいでしょう。

答えを提供する:ティーチング、コンサルティング


ティーチングは言葉のとおり相手に「教える」こと。学校での授業のように、指導者が答えを与える手法です。
コンサルティングはクライアントの目的に対し、解決策としての明確な答えを与えます。ティーチングとは対照的に、クライアントのオーダーを叶える意味で答えを提供するのがコンサルティングです。

 すべてのスキルを使う:メンタリング


上記4つの手法をすべて使用するのがメンタリングです。実際にはすべてを細かく使い分けるというよりも、自身の経験や知識をもとにビジネス以外の人生や生活の相談も受け、長期的にコーチ、カウンセラー、コンサルタントの役割を果たしていく人をメンター(メンタリングを行う人)と呼ぶことが多くなっています。そのためメンタリングにおいては、単なるテクニックだけでなく、コーチングやティーチング以上に、メンタリングを行う人の経験値が問われることになります。

コーチングのメリット

潜在能力や可能性を引き出す


誰にでも潜在能力はあると言われていますが、何もしなければ一生表に出てくることはありません。コーチはクライアントとの関係を構築し、コミュニケーションをとる中でクライアントに良い変化をもたらせる方向に導いていきます。クライアントは行動し、変化する自分自身と向き合うことで、自分の中にあらかじめ備わっている力や意外な可能性を得ることができます。

自分でも気づいていなかった問題に気づく


コーチングでは対話や問いかけをとおして置かれた環境や状況を説明することで、自分でも気づいていなかった問題に気づくことができます。人はなんとなく考え始め、答えにたどり着かないまま考えることをやめてしまうものです。さらに、ポジティブな事柄よりネガティブな「問題点」には目を向けにくいのではないでしょうか。日時を決めてコーチングの時間を設け、プロのコーチと対話することで今まで見えなかった問題点を自然に見つめ直すことができるでしょう。

自発的な行動ができるようになる


コーチングは「答えはすべて相手の中にある」という考え方がベースとなっています。コーチはクライアントの中にある答えをクライアント自身が見つけられるように、励ましたりや目標を具体的にしたりしてモチベーションを上げるサポーターです。自発的に行動する習慣が身に付けば、目標を達成しやすくなります。さらに目標を達成する経験を重ねることで自信が積みあがっていき、根本的なプラス思考を作り上げられるでしょう。

自分を認めてあげることができるようになる


コーチングと自己承認、自己肯定は密接な関係にあります。自己承認、自己肯定は目標達成のためには欠かせません。人間は自分自身に厳しく接しすぎてしまうと目標を達成しにくくなってしまうのです。
心理学の第一人者であるマズローが提唱した欲求5段階欲求説を聞いたことがあるでしょうか。マズローは人間には1.生理的欲求、2.安全欲求、3.社会的欲求、4.尊厳欲求、5.自己実現欲求の5つの欲求があり、レベルの低い欲求が満たされて初めて一段階上の欲求が生まれるとしています。 この説をもとに考えると、自分に自信がない状態とは4の尊厳欲求、もしくは3の社会的欲求が満たされていないことになります。
コーチングでは5の自己実現欲求を持っている状態にまで意識を高めることが第一歩です。問いかけと受容を繰り返す対話の中で自信を持てない理由となった出来事や思考を掘り下げ、視点を変えて見ることで「プラスの出来事」、「自分を作るうえで大切な出来事」としてとらえられるマインド(思考習慣)を作っていきます。自分の経験をポジティブにとらえるマインドが身に付けばそれは一生もの。自分を認めてあげることができるようになります。

問題への対応力が身に付く


コーチングは対話による思考整理術とも言えます。コーチは適切な質問やクライアントの話したことをまとめ、本心から望んでいることを 適切な問いかけにより「気づき」へと導きます。そして、目標達成までのプロセスを具体的にする「次に何をすべきか」、「どうしたらできるのか」といった質問をしていきます。
目標達成と問題解決は根本的には同じですから、この思考力を手にすれば身近で問題が起きたときにも対応できる範囲が広がるでしょう。

目標の達成力が向上する


取り組むうちに目標がノルマにすり替わってしまったことがありませんか。「自分で目標を設定して動き始め、達成する」という1つのサイクルをたった1人で行える人は案外少ないものです。目標のハードルが高ければ高いほど、自ら達成までに必要な行動やプロセスを管理する自己統制力が求められます。コーチングでは、クライアントが達成したときのビジョンを明確に持ちつつ、わくわくしながら目標に向かえるようポジティブなイメージを引き出していきます。これによって、1人では困難な高い目標も楽しみながら乗り越えることが可能になるのです。

まとめ

ということで今回は相手から答えを引き出すコーチングについて解説をしました。コーチングだけではなかなか稼ぐことはできません。大事なのはコーチング×OOOといったような掛け合わせです。まずやるべきことはコーチングの勉強とともに他の勉強もすることでしょう。掛け合わせであなたの価値を高めましょう。

コーチング
スポンサーリンク



ライフスタイルコーチ│八木のBLOG
タイトルとURLをコピーしました