~アメブロの記事の書き方~

美容院がカット1000円から1万2000円にサービス料金を上げるためにすべきこと

マーケティング

どうも、こんにちは

 

今回は美容院がカット1000円から1万2000円にサービス料金を上げるためにすべきことを開設していきます。それではいきましょう。まず男性の人だと思い浮かべやすいのはQBではないでしょうか。1000円で髪の毛を切ってもらえるサービスです。しかし、逆に美容院に行くとき、中には3万円以上もするサービス料金のあるものがあるのですが考えたことはあるでしょうか?

多くの美容師はこの質問に「考えたことがない」と答えます。そこで今回はその考えをより深く追求できるようになればと思っています。それではいきましょう。

美容院が床屋よりもサービス料金が高い理由

まず考えてほしいのは、なぜ美容院よりも床屋の方が価格が比較的安いのかです。一般的な美容院の場合だとサービス料金は6000円~くらいなのが妥当です。しかし、一方で床屋の価格がおよそ1500円から3000円未満である理由を考えてみましょう。

欲求を満たす目的が異なるため

1つ目は、おそらく欲求を満たす目的が違うのが異なります。まずターゲット層がまず違うことを明らかにしましょう。美容院の場合は比較的美意識の高い男性と、女性層が多いです。また、床屋の場合は男性層しか主にいないでしょう。そして、考えてほしいのが何を目的にしてサービスを受けているのかを考えてほしいということです。

おそらく美容院の場合は髪を切るという行為だけではないはずです。きれいになりたい、美しくなりたいなどの欲求があると思います。しかし、床屋はどうでしょうか?どちらかというとすっきりしたいから髪の毛を切りたいという目的で行っている人が多いと思います。まずここの差が違うから美容院の方が価格帯が大きいのです。髪を切ってすっきりしたいという欲求の方が、きれいになりたい美しくなりたいという欲求よりも低いのは分かるでしょう。

カット料金を1000円から1万2000円にする方法

カット料金を1000円から1万2000円にするためにすべきことはブランディングです。ブランディングです。ブランディングとは、恋人に例えると、相手から好きと言ってもらえることです。つまり、相手にその商品を好きと言わせる仕組みを作ることです。

そのためにはヘアカットの技術を高めればその分もらえるお金も増えるんじゃないかと思っている方もいますが、それでは限界が来ます。ではどうすればいいのかというと付加価値をつけるのです。付加価値とはヘアカットの技術以外のところです。例えばお客さんとのコミュニケーションをしっかりとることこれも付加価値です。

お客さんが他の美容院に行く理由で最も多い理由をみなさんは知っているでしょうか?それは、「なんとなく」です。なので、リピート対策をすればなんとなくという言葉で他店へ移動することも解消されます。そして、付加価値を付けることでリピート対策にもなりえます。大事なのは、とにかくブランディングをすることです。ブランディングの記事は私の他の記事にも書いてあるのでよかったら見ていってください。

まとめ

ということで今回は美容院が1000円から1万2000円にサービス料金にするためにすべきことについて書きました。どうでしょうか?ブランディングがすべての肝になります。なのでまずすべきことは自分の商品に付加価値を加えることです。付加価値がなければあなたの価値は技術力だけになります。なのでまずすべきことはブランディングの勉強をして自らの付加価値を高めることです。

 

マーケティング
スポンサーリンク



Smile Market
タイトルとURLをコピーしました