~アメブロの記事の書き方~

7つの習慣から学ぶフリーランス美容師がすべき経営の仕方

経営

どうも、こんにちは

 

今回は7つの習慣から学ぶフリーランス美容師がすべき経営の仕方について解説していきます。7つの習慣は今では3000万部の売り上げを上げているビジネス書であります。フリーランス美容師はやはり競合が多いとよく聞きます。

 

なので安易に価格を上げるという人もいますがそれはよくないです。なのでまずは経営の仕方を学ぶべきでしょう。ということでさっそく見ていきましょう。

その前に7つの習慣というタイトルのように7つの大切なことがあります。今回はそんな7つのことについて解説していきます。

主体的であれ

主体的であれとはどういうことなのでしょうか?

 

これは簡単にいうと他人のせいにしないということです。

他人のせいにしていると結果的に自分の成長を妨げる原因になります。なので自己責任マインドを持ちましょう。他にも自主的に行動することも大事でしょう。よくあるのは学校の勉強を受動的に受けていることが多いと思います。私もそうです。勉強も自分のやりたいことであれば能動的にやっていくという気持ちで行動しましょう。

 

あなたの限界はあなたでしか決められません。他人が決めるわけではないのです。自分で決めましょう。しかし、タスクを入れすぎて体調を壊すことだけはやめてくださいね。それだけはもともこもないので。

終わりを思い描くことができる

これは簡潔に言うと自分の死に際を思い描けているのかということです。死に際までは言い過ぎかもしれませんが、もし私が美容院を運営するのであれば、どのくらいの年数まで運営し、その後どうするかまで考えます。

つまり、先を決めてその目標に沿って小さいことを積み重ねていこうということです、勉強でも言えます。最初から100点を取れる人はすごいですがそこが大事なわけではありません。大事なのは間違えたところを解けるようにすることです。そしてもう一回したときに100点を取れることにすることです。

なので間違いはいいのです。誰でもするのですから、、、問題はそれを放置しないんで修正・改善することです。

最優先事項を考える

最優先事項を考えるとは、あなたがもしやりたいことがたくさんあるのであれば、それを叶えるためにもまず1つから叶えましょうということです。1つを叶えることができない人は、他の夢も叶えることはできません。なのでやるべきことはまずは優先順位を付けることです。

 

これは他の名著であるビジネス書のパビロンの教えという本にも書いてありました。やはり成功している人には共通点がありますよね。

win-winを考える

自分もお客さんも成功すること、メリットを得ることを考えましょう。

しかし、多くの人は自分の利益しか考えていません。なのであなたがすべきことは相手の利益になることしか考えていないといけません。そして、相手が利益が出たら今度は自分の番で利益をださせてくださいといえば、ほとんどの人はいいよと言います。

 

まずはwin-winというよりはお客さんに利益をださせることを考えましょう。

まず理解に徹し、そして理解される

まず相手の話を最後にしっかりと話を聞きましょう。

まず話を聞くことを意外とみんなできていません。途中で自分の経験からもう答えを出しているのです。それはNGです。きちんと相手の話を最後まで聞いて自分の回答を出しましょう。

 

そして、耳で聞くのではなく、目と耳と心で話をきくことも大事です。あなたのことをほんとに考えていることを相手にもそうすれば伝わるはずです。

シナジーを作り出す

 

シナジー?????

 

ともう人もいるでしょう。私もそうでした。シナジーとは簡単に言うと、1+1=3以上にすることです。この世の理を外しているかもしれませんが、3以上になるようなかけあわせをしましょう。

 

意外にも自分でも気づかないところで、掛け合わせが起こり3以上になっているものもあります。中には1万以上になる可能性だってあります。

刃を磨く

刃を磨くとは、スキルを上げることだけではありません。刃は4つあります。肉体、精神、社会、情緒の4つの側面があります。これはどれも掛け合わせて依存しあっています、なのでどれか1つ欠けると全部が無駄になるので均等に磨くことをおすすめします。

まとめ

ということで今回は7つの習慣から学ぶフリーランス美容師がすべき経営の仕方について解説しました。まずは成功している人を徹底的に真似ることだと思います、成功者はいっぱいの失敗をしていて、その失敗談を学び、今後私たちの経営では失敗させないことができます。しなくてもいい失敗はしない方がいいに越したことはありません、まずはやってみましょう。

経営
スポンサーリンク



アメブロ集客活用マーケテイング
タイトルとURLをコピーしました