~アメブロの記事の書き方~

個人エステサロンが集客に困ったらすべきことと強みについて

マーケティング

どうも、こんにちは

 

今回はフリーランスエステシャンが収入を増やすためにすべきことを教えていきます。フリーランスになったはいいものの誰も髪を切ってほしいと言われない、、、ということがあるのではないでしょうか?売り上げにつながるためには大枠で言うと2つのことをしなければなりません。

 

それは、、

 

✔集客

✔強みを見つけること

 

です。

1つずつ見ていきましょう

集客

 

まず集客とは何なのかといいますと、字の通り、客を集めることです。客を集めると言ってもどうやって集めればいいの?と思うかもしれません。

 

集客の方法は多数あります。自分でホームページ作成をしたり、ブログを書いたり、SNSであるツイッターやインスタグラムを使う、地元雑誌に載せてもらうなどさまざまあります。

 

ここで集客のポイントを教えます。それはリピート客が命ということです。最初新しいお客は確かに必要です。

 

しかし、のちのち実際にやってみると分かってくると思いますが大事なのは新規顧客よりもリピート客なのです。つまり、この人だから自分の髪を切ってもらいたいと思えるような人にならなければいけません。

 

リピート客がいなければどうなるのかという水をざるで貯めようとしているようなものです。全くたまらないですよね。なので、大事なのは新規顧客の獲得よりもリピート客を優先すべきです。

具体的な集客方法例(インスタグラム)

具体的な集客ターゲットを意識する

 

なんとなく写真を投稿したり、なんとなく文章を添えたりしても集客や宣伝に効果的とはいえません。インスタグラムを活用していくためにはまずは具体的な集客ターゲットを設定し、そのターゲットにアピールできるような写真の投稿を心がける必要があります。

 

具体的には居住地、年齢、性別、趣味や関心などのターゲティング設定を行います。

 

ターゲットが都会に住むミドル年代の女性ならば、女性うけする華やかな場所やハイセンスな流行を取り入れた投稿を主体にします。スポーツ好きの男性なら、エネルギッシュでカッコよさを表にだした写真をテーマにするなど一貫性を持たせます。

 

自身のインスタグラムアカウントを見てくれている人の属性はインスタグラムのインサイト機能で確認することができます。インサイト機能とはインスタグラムが無料で提供している分析機能のことで、自分の投稿の効果やアカウントの情報を知ることができる機能です。

 

店舗地図情報や予約電話番号を記入

 

インスタグラムで企業アカウントを運用するにはビジネスアカウントへ切り替えることをお勧めします。ビジネスアカウントにするとビジネスプロフィールを設定できますが、店舗地図情報や予約電話番号の他メールアドレスの登録も可能です。

 

登録した情報はアカウントページに「連絡先」として表示されます。これまでインスタグラムで企業とやり取りする際は、投稿のコメント欄やインスタグラム内のDM(ダイレクトメッセージ)のみとなっていました。

 

ですが、ビジネスプロフィールに変更することで、タイムリーにやり取りを追うという手間を省き、企業に直接コンタクトできるようになりました。自社のインスタグラムアカウントを訪れてくれたユーザーとのコンタクトを確実にするためにも、これらの設定は必須です。

 

 

位置情報は集客を上げる第2のハッシュタグとも言えます。投稿にそのスポットの所在地や名称を付け加えることで、

・同じ位置情報を付けた人が投稿を見てくれる
・検索画面でその位置を検索した人が投稿を見てくれる

といった集客効果につながります。

 

ターゲットに次の行動をさせる

 

インスタグラムで宣伝を行う場合、投稿を見てくれた人に対して、来店や購買といった具体的なネクストアクションを起こしてもらう導線を明確にしておきます。

例えば投稿すべてにプロフィールへのリンク(@+アカウント名)を挿入することでプロフィールへ誘導し、プロフィール内に自社の販売サイトへの誘導や初回来店時の特典を記載しておくなど工夫することで、そうした顧客のネクストアクションを促すことができるでしょう。

強みを見つける

 

自分の強みが何かわかっているでしょうか?これがわかっていなければ、自分の収入を上げるのは厳しいでしょう。自分の強みがないとはどういうことかというと、つまり自分の価値が上がらないということでもあります。価値が上がらなければ当然ですが収入もあがるはずがありません。なので強みを見つけましょう。

他店舗や他のフリーランスとは違って自分にはこれができるといったものがあればいいですよね。それさえ見つければあとはブランディング(さらに価値を高める)をしてあげればいい話です。

まとめ

どうでしょうか?自分の強みは見つかりそうでしょうか?見つからなければ自分で作るだけです。自分で作れるように、いい環境に身を置くことも大事です。普段はエステシャンとして活躍してきたと思いますが、一回違う業界の視察をしてみて自分の強みを再確認できることもあります。そして、あとは集客ができれば問題ないでね。もし、お困りでありましたらお仕事依頼から連絡ください。

マーケティング
スポンサーリンク



ライフスタイルコーチ│八木のBLOG
タイトルとURLをコピーしました