~アメブロの記事の書き方~

サロン集客でInstagramを使うときに注意してほしいこと

集客

どうも、こんにちは

 

今回はサロン集客でインスタグラムを使うときに注意してほしいことを解説していきます。それではいきましょう。インスタグラムはSNSの力以上を持っています。例えば、行きたいお店の場所が位置情報で分かりますし、投稿欄でほしいな~と思ったらクリックして購入ページへ移動することも可能です。まずはやってみることが大事なので、やってみましょう。ということでさっそく見ていきたいと思います。

インスタグラムは2つアカウントが必要である

インスタグラムで集客をするのであれば、2つアカウントを解説しましょう。大事なのはなぜ2つなのか?と思うことでもあるでしょう。なぜ、2つかといいますとブランディング用と集客用に分ける必要があるからです。ブランディング用と集客用とで合わせてしまうとSNS運営はうまくいかなくなります。では具体的にブランディング用と集客用のアカウントでするべきことを書いていきましょう。

ブランディング用のアカウントの運用方法

ブランディング用のアカウントではオフィシャル用のアカウントにしましょう。オフィシャル用では自分の仕事での商品やサービスを投稿するといいでしょう。ここではあまり重点度は置きません。大事なのは集客用のアカウントです。なので、こういう仕事をしているんだなということを分かってもらえばいいです。しかし、統一感はきっちりとした方が相手にどういう仕事をしているのかがわかりやすいので統一感を同じにしましょう。

集客用のアカウントの運用方法

集客用のアカウントは一番焦点を当てるべきところです。集客用のアカウントは個人用のアカウントです。つまり普段使用していた個人のアカウントで運用します。ここで間違ってはいけないのが、個人アカウントがあるのに、1からアカウントを作り直すことです。これはやってはいけないです。あなたのことを知っている方をぼちゃんしてしまうことにもなります。それならばあなたのことを信用している人を最初からいるほうがいいでしょう。そして、運用方法としては、まずはプロアカウントにすることです。プロアカウントにすることであなたのインスタグラムはデータを分析できるようになります。

そして、次にすることはできるだけ人間味あふれる投稿をすること。インスタグラムでみんなが求めているのは、日常生活でもあります。ライフスタイルでは例えば、背景であるバックを取り入れることをできる限り多くするなどのコツもあります。コツも大事ですが一番大事なのはユーザーにとって価値を感じるものを作成することです。

まとめ

ということで今回はサロン集客でインスタグラムを活用するときに注意してほしいことを書きました。どうだったでしょうか。大事なのはブランディング用のアカウントと集客用のアカウントとを一緒にしないことです。ブランディング用と集客用とで混ぜてやると絶対にうまくいきません。なのでまずは分けましょう。そして仮説と検証を繰り返して行うことも大事なポイントです。

集客
スポンサーリンク



アメブロ集客活用マーケテイング
タイトルとURLをコピーしました