~アメブロの記事の書き方~

【厳選】本気で副業をしたい方が読むべきおすすめの本10選紹介

雑記

どうも、こんにちは

 

今回は副業を本気でしたい方に向けておすすめの本を紹介したいと思います。本質的なものであるマインド系が多めです。やはり一番手軽なのは本を買って読んで実践することだと思います。そのために今できることをやりましょう。ということでさっそくおすすめの本を紹介していきます。

副業をするためのおすすめな本│マインド編

7つの習慣

「7つの習慣」は、人生で成功していくための原則を

体系的に詳しく解説されており、自分を成長させるためのプロセスを学ぶことが出来ます。

なので「7つの習慣」は、もっと自分を成長させたい!という向上心を持っている方には必ず役立ちます。

得られるものとしては、

日々のちょっとした出来事や現象、人間関係に対して見え方が変わります。

自分自身の成長はもちろんのこと、会社の上司との関係や、子育て、夫婦問題、

人間が生きていく上で、直面する様々なシーンで「7つの習慣」の考えを活かすことが出来ます。

まんがでわかる 7つの習慣

 

金持ち父さん貧乏父さん

あなたが会社員なら、思い当たることがあるかもしれません。毎日、同じ家から同じ道を通って、おなじ電車に乗って、同じ建物にむかって、朝から晩まで働きづめ。いつか給料が上がるだろう、と待ち続ける。もしくは、アルバイトなどのダブルワークに手を出す。

しかしながら、これではいつまでたっても暮らしはラクにならないし、あなたが望んでいるような人生を送ることもむずかしいでしょう。

この状態を本書では「ラットレース」とよんでいます。そして、ラットレースから抜け出すために、自分に正しいお金についての教育をしていくことを説いています。

金持ち父さんは、主人公に「中流以下の人間はお金のために働く、金持ちは自分のためにお金を働かせる」と教えています。

わたしたちは通常、大学や高校まで学ぶと「これで勉強はおわり」と考えます。しかしながら、金持ち父さんにとって、少なくともお金の勉強は、学校を卒業しても学べば学ぶほどわからないことがでてくる、深いものであるのです。

そして、大切なことは、感情をコントロールする技術をみにつけること。感情に支配されずに、頭でモノを考えられるようになることが、ラットレースから抜け出す解決のための第一歩です。

また、主人公がマンガ図書館というビジネスをたちあげ、自分がいなくてもお金を生み出してくれる仕組みを作りあげたストーリーも書かれています。金持ちは自分のためにお金を働かせるという、金持ち父さんの教えが分かりやすく説明されているのです。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

バビロンの教え

バビロンに住んでいる武器屋の息子の「バンシル」が大富豪になって最終的に姫と結婚しちゃう。

その結婚に至るまでの紆余曲折の中で、

大富豪先輩である「アルカド」が、大富豪になるための教えをくれる。

それが

「黄金に愛される七つの道具」

「五つの黄金法則」

この二つを実践し、大富豪を目指す、というストーリー。

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

お金2.0

お金の価値が変わる。
著者の佐藤航陽氏は時間を売買できるサービス「タイムバンク」を運営する株式会社メタップスの創業者。お金に苦労した少年時代の経験から、お金について自身がこれまでの人生で感じてきたすべてが語られている本作。
人間の仕事の大半がAI(人工知能)に取って代わり、ベーシックインカムが実現した世界ではもはやお金のために働く必要がなく、金から国が発行する紙幣に価値が代わっていったように、お金が個人の内面的な価値(感動、共感、熱狂、信頼etc)に代わるだろうと予測している。動画配信サービスに投稿するアイドルへの投げ銭、ソーシャルゲームの課金、クラウドソーシング、仮想通貨…すでにその兆候が現れ始めている今、非常に納得できた1冊でした。


お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

副業をするためにおすすめな本│ブログ編

沈黙のwebライティング


ある程度の文章が書けるようになったら、それを「Webで読まれる文章」に変えていく必要があります。「沈黙のWEBライティング」は、検索ユーザーや検索エンジンに評価されるための文章にするにはどうしたらいいか?を学ぶのに最適な本。

多くは漫画形式で脱線する話も多いのですが、特に「ヴェロニカ先生の特別講義」の部分にはとても濃い知識が詰まっているので必見です。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

ほったらかっしでも月10万円、ミニサイトをつくって儲ける方法

ある程度ブログ運営を進めると、「もっとキレイな設計でブログを作りたい」という考えに至ってきます。そんな時に役立つのが「ミニサイト」という思考。

中でも、この本の著者の和田亜希子先生は、本当に楽しみながらミニサイト運営をされているのが、本の内容からひしひしと伝わってきます。

数あるサイト思考を学ぶ本の中でも、よりブロガーに近い感覚でサイト思考を学べるので、ブログからのステップアップにおすすめです。

ミニサイトをつくって儲ける法 ほったらかしでも月10万円!

Google adsense マネタイズの教科書

長く安定して稼ぐためのサイト思考を身につける本です。ブログとサイトは全く別のものだということを丁寧に解説してくれています。

ただ、ブログから始めた人にとって、サイト思考への切り替えは難易度が高いので、この本を読むならある程度ブログに慣れてからをおすすめします。それでも一冊は持っておきたい本です。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

副業をするためのおすすめ本│物販

せどりや物販というとコンサートのチケットの販売やマスクの異常な高価販売を思う人もいるかもしれませんが、決してそういうわけでありません。基本的に物販は安く仕入れて、その分適正価格で売ることによって得られる利益を収入としています。中にはコンサートのチケットのように高くして売っている方もいますが、悪徳な物販やせどりはやめましょう。

世界一やさしいAmazonせどりの教科書

もっと 世界一やさしい Amazonせどりの教科書 1年生

せどりでガッチリ稼ぐ

せどりで<ガッチリ稼ぐ! > コレだけ! 技

副業をするためのおすすめの本│動画編集編

知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書

本書は「知識ゼロからはじめる」とある通り、Premiere Proを初めて触る人を対象にした入門書です。入門書とは言え、本書に書かれてあることをマスターするだけで、かなりの映像をつくることができるようになると思います。

知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書 CC対応

まとめ

ということで今回は本気で副業出来る人のおすすめの本を10選紹介しました。副業は今回は代表的なものを紹介しましたが、自分が得意なものがあるのであればそちらの方面でやるべきだと思います。まずはやってみてダメならやめればいいと思うので自分でやってみましょう。

雑記
スポンサーリンク



アメブロ集客活用マーケテイング
タイトルとURLをコピーしました