~アメブロの記事の書き方~

エステサロンでのブログでの書き方NG集3選

マーケティング

どうも、こんにちは

 

今回はエステサロンでブログを書いている人が行っているNGなブログの書き方を紹介していきたいと思います。ブログで伝えるの情報はユーザーである見る人にとってとても有益なものでなければなりません。なので、まずはユーザー目線に立ちましょう。

ということでさっそくみていきましょう。

エステサロンのNGなブログの書き方3選

NGな書き方①│今日の思ったこと・感想(日記)を書く

今日行ったことや感想を書くのはNGです。それはあなたの自己満足にしぎないです。なのでやめましょう。まずやるべきことは、ユーザー目線になることです。あなたの今日思ったことを必要としている人は果たしているのでしょうか?厳しい意見かもしれませんがほとんどの人は必要としていません。なので有益な情報を届けましょう。

NGな書き方②│誰かとランチに行ったことを書く

これもそうですがあなたのランチの写真をブログでみて何が得られるのでしょうか?傲慢の人はここで私が載せたものはみんな見たいというのですが果たしてそうでしょうか?違いますよね。なので2つ目のランチに行ってきたという情報もいりません。何度も言いますがユーザー目線で書きましょう。ユーザーが求めていることを書けば必然的にブログの閲覧数も伸びます。ランチに行ってきたという情報はインスタグラムで十分です。

NGな書き方③│趣味について書く

例えばエステについて書いているブログなのに自分の趣味であることを書いたら、誰が得しますか?ということです。ユーザー目線になってください。ユーザー目線になれなければ他の人に聞いてください。あなたの趣味を乗っけてもそれは興味がないですと言われるでしょう。ほんとにブログの閲覧数を伸ばしたければユーザーに応じた記事を書くべきです。

ブログを書くためにすべきこと

ブログを書く前にすべきことはまずターゲットを決めることです。ターゲットが誰なのか決めて書きましょう。ターゲットが決めていなければユーザーには深く刺さりません。今回の場合であれば、ユーザーはエステサロンに興味がある人です。しかし、このエステというワードだけではまだ深く刺さりません。なのでもう少し掘り下げましょう。例えば、3分の施術で肩こりが治る整体などといったようにキャッチコピーを付けるのも大事です。

なので、まずはターゲットを決めましょう。

まとめ

ということで今回はエステサロンがすべきブログの書き方について書きました。NG例を3つほど上げましたがまずすべきことはターゲット・ユーザー目線になることです。それができていなければすべては水の泡といっても過言ではないでしょう。自己満足になってしまってはすごいもったいないです。他にも自分で書けなければ外注化することもできます。多少お金はかかりますが、やるべきことをしましょう。

マーケティング
スポンサーリンク



アメブロ集客活用マーケテイング
タイトルとURLをコピーしました