~アメブロの記事の書き方~

起業できる最低の年齢はいつ頃?│まとめて考察してみた

起業

どうも、こんにちは

 

今回は起業できる年齢は何歳なのかについて考察してみました。私個人の意見では起業に年齢など関係ないと思います。しかし、年齢によって強みや弱みもあるので今回はそこのところを考えていきたいと思います。

 

ということでさっそく見ていきましょう。

起業する年齢はいつがいい?

10代・20代で起業する場合

10代や20代など、若い年齢で起業する場合、枠にとらわれない自由な発想が武器になる可能性があります。既存の企業にはないアイデアを形にできれば、独自の付加価値を生み出すことが可能です。また、10代での起業は話題性も高く、ユニークな取り組みはメディア取材などに取り上げられやすい点もメリットとなっています。一方で、10代や20代での起業は、資金や知識不足、社会経験不足がデメリットとなることも多いです。また、10代の場合は親や周囲の理解が得られないと事業に踏み切れないことにも注意が必要です。20代前半で学生の内に起業する場合、大学卒業に支障がでてしまうことのないよう注意しましょう。

30代で起業する場合


30代で起業する場合のメリットは、それまでに積み重ねた社会人経験や業務スキルが活かせることです。本業と同じ業種や近い業種で独立する場合には、自分のスキルがより直接的に活用できます。30代では独立開業する同世代の仲間も増えてくるため、年齢の近いビジネスパートナーも作りやすいのもメリットです。30代で起業する際のデメリットとして、結婚や出産、育児といったライフイベントと時期が重なりやすいという点が挙げられます。子どもや養うべき家族ができると、独立開業にともなうリスクを取るのが難しくなる場合も多いです。また、住宅を買う場合のローンや融資も、創業直後は審査に通りにくいのも注意点となります。

40代・50代以降で起業する場合


40代、50代以降に起業する場合、若くして起業するよりも安定した経済状況が武器になります。また、それまでに培った人脈や経験が豊富なことも、事業をスムーズに立ち上げるためのリソースです。投資家とのつながりがあれば資金調達などの経営支援を受けやすくなります。本業で実績がある場合、その実績を活かしたコンサルティング業など高単価のビジネスにつなげることもできるでしょう。40代、50代以降に起業するデメリットとしては、若いころと比較して体力や集中力が衰えていることがあげられます。起業時には仕事が忙しくなることも多く、体力と精神力が必要です。いざというときに踏ん張りがききにくいのが、年齢を重ねてから起業する場合のデメリットとなります。

まとめ

ということで今回は起業できる年齢はいつなのか?ということで年代別に長所と短所を書いてみました。まずはやってみるといいと私は思います。大きいビジネスをしなくてもいいのです。あなたがやるべきことはまずは小さいことです。できることから始めていきましょう。そしてその小さな体験を成功体験にしていき自分のモチベーションをアップしましょう。

起業
スポンサーリンク



ライフスタイルコーチ│八木のBLOG
タイトルとURLをコピーしました