~アメブロの記事の書き方~

統合失調症で仕事を辞めたい場合にすべきこと

悩み相談

半年分の生活費を貯金する

あなたが生活するときにかかるお金の約半年分を少なくとも貯金しましょう。

仕事を辞めてしまったら、あなたの収入はなくなります。その時のためにも必要最低限の生活ができるように貯金をしましょう。

 

あまり浪費ばかりする生活を送っている場合は、出来る限り質素な生活に切り替えて仕事を辞める準備をしましょう。

精神障害になる多くの理由は、職場での人間関係、長時間の労働が多いです。

特にそういったブラック・パワハラが多い会社はあまり精神障害に対する理解も得ることができないでしょう。気合で乗り越えろ・そんなのメンタルが弱いだけと言われてしまうかもしれません。

 

なので、出来る限り、上司や職場の人には耳を傾けないようにしましょう。

失業保険をもらう準備をする

失業保険は雇用保険の別の呼び名です。正式名称は雇用保険と言います。

会社に所属して勤める時に、給与の一部から保険料を払う形で加入します。勤務先を何らかの事情で退職しなければならなくなった場合に、受給条件を満たすと次の仕事に勤めるまでの間、国から失業保険を貰う事ができます。

失業保険をもらう上での注意

失業保険は退職したら自動的に貰えるものではなく、必要な書類を用意してハローワークで申請しないと貰う事はできません。また、貰うためにはいくつかの条件を満たさなくてはならないので注意しましょう。

また、失業保険は一度申請したら就職するまで自動的に更新されるものではなく、基本的に4週間に1度ハローワークで失業認定を受ける必要があります。認定を受けなければ受給はストップしてしまうので注意しましょう。

統合失調症の場合もらえる失業保険の日数

統合失調症が受給する場合は会社都合の場合に限り認められる、加入期間が1年未満の退職の場合は45歳未満、45歳以上65歳未満で150日間。

1年以上の加入期間の場合では、45歳未満で300日間、45歳以上65歳未満で360日間となっています。一般受給者よりも障害者の方が給付期間は長めに設定されており、勤続年数によっての変動もありません。

失業保険の給付金はどのくらい?

失業保険の給付額は、受給者それぞれの理由に応じて計算されます。大体、計算した基本手当の日額の50%~80%が支給されます。

まとめ

統合失調症で仕事を辞めたい場合に必要最低限すべきことについて書きました。特に失業保険をもらえるといっても統合失調症はなかなか治るような病気ではありません。当管理人の私も統合失調症持ちでもありますが、今年で統合失調症と診断されてから4年目でありますがまだ薬は飲んでいます。時間をかけて治す必要があるので出来る限りゆったりとした生活を送り療養するためにも、貯金はしっかりとしておきましょう。

 

悩み相談 病気
スポンサーリンク



ライフスタイルコーチ│八木のBLOG
タイトルとURLをコピーしました